現在はフランス留学なんてありえないよね。

今はテロとかニュースになっているので考えられないと思いますが、わたしはあこがれもあってパリに留学したことがあります。私がフランスに短期留学した時の失敗エピソードです。
1、パリの地下鉄で財布を掏られた。
混雑した地下鉄でボケっとしていた私が完全に悪いのですが…
降りたらリュックのチャックが開けられていて、財布ごとなくなっていました!
幸いだったのはそれが「ダミー財布」の方であまり現金を入れていなかったこと。
実際にお金の出し入れをする財布は、リュックと別の荷物に、財布っぽくないポーチにお金を入れて所持していたんです。
でも少額とはいえお金を掏られたのも、自分の持ち物が見知らぬ人の手に渡ったのも、後味はよくないです。
やはり、海外の都会の公共交通機関はスリだらけ位に考えないとダメですね。
ちなみに、同行者は乗物の利用時はしっかりとリュックを前に抱き締めるようにしており、一度も何の被害にも遭いませんでした。
2、スーツケースの鍵が開かなくなった。
最終日のホテルに着いて、スーツケースを開けようとしたら開かない…
ホテルのエンジニアさんを呼んでもらいましたが「お手上げ、壊すしかないよ」と。
結局、帰国するまでの48時間あまり、所持品は持ち込み手荷物だけ&着たきり雀で過ごしました。
親の古いスーツケースを借りて行ったもので、海外の空港は割と扱いが手荒いので、壊れてしまったのかも知れません。
帰国後、自宅で金づちで鍵部をガシャーンと叩き壊して、開けました!
以上、トホホの体験談でした。ちなみにフランスから東京そして宮城県仙台引越し業者にお願いして引越ししてきました。
東北の人たちってゆったりしていてフランス人と気性が何となく似ているような気がします(^.^)